VST

PeloReaper Extensionの情報やダウンロードはこちらからどうぞ。
PeloReaper Extension for REAPER is here.
ReaperBanner01_50p

REAPERでFXマルチアウトTrack自動作成

NIのREAKTORやKONTAKT、UVI Falcon、ドラム系Instrumentなど、プラグインから各種パートの楽器を個別にオーディオ出力できるプラグインが多数あります。また、MXXXなどのようにFXでもマルチアウトが可能なものも存在します。今回はREAPERでこれらのようなマルチアウトを扱えるFX(VST・VSTiなど)の一般的な設定について説明します(プラグイン個別の設定には触れません)。

MultiOut_BM03

また、本記事ではTrack間のAudioルーティング設定およびTrack内部のFXチャンネルルーティング設定が当たり前のように出てきますので、そのあたりをご存じなければ以下の記事などを参考にしてみて下さい。




FXからのマルチアウトTrackの自動作成

REAPERではマルチアウトが可能なプラグインについては、FX一覧で出てくる名前に (XX out) もしくは (XX→YYch) といった表記が出てきます(後者はXXin→YYoutという意味)。

FXMultiOutable

とはいえ、表記がなくても自分でマルチアウト設定可能なプラグインもある(VST3版MXXXなど)ので、上記の表記がなくてもマルチアウト可能な場合があったりします。それらプラグインの仕様はそれぞれのプラグインのマニュアル等を確認して下さい。

マルチアウトTrack自動生成方法

マルチアウト可能なFXについて、その出力を個別のTrackに出力(センド)したい場合、以下の手順で出力先Trackを自動生成出来ます。

  1. マルチアウト出来るFXをTrackに挿入
  2. 挿入したFXをFXChain上で選択し、右クリックから以下のメニューを選択
    Build multichannel routing for output of selected FX...
    MultiOut_BM01
  3. Trackを自動生成する旨の確認ダイアログが表示されるので [はい(Y)]
    MultiOut_BM02
    この時「Could not get channel info for effects (are they multichannel?)」といった表記が出てTrack作成出来ないという場合は、FX出力チャンネル数が2outという状態になっているので、それよりも多くのチャンネルをTrackに持たせて(4ch以上にするなど)やり、FXからも4ch出力が出来る状態がFX Chanel Matrix上で確認できればうまくいくと思います。
  4. あとは個別のFX(プラグイン)のマルチアウト設定が適切であれば、個別のTrackに音声が流れるようになっているはずです。
    MultiOut_PlayBM01
    (※例えば上記の画像の例で出しているUjam Beatmakerだと各楽器の出力を[Individual]にプラグイン上でセットする必要があります)

ちょっと難しめの話(よく分からなければスキップでOK)

ちなみにこのマルチアウト用Track間ルーティングで注意すべきところは、FXChainの個別のFXから直接別のTrackに音声が送信されている訳ではないという点です。あくまでFXが使っているTrack内のチャンネルが別の新規Trackにルーティングされるというだけです。

FXChainで複数のFXを挿入(順にFX1,2とする)しそれらのFXが同じオーディオチャンネルを共有している場合(要するにFXを挿入しただけの状態で、どちらも1/2チャンネルを使っているという場合)を考えてみます。この時、FX1を右クリックして上記操作で別の新規Trackに音声を出力しても、そこに送られるのはFX1→FX2を通った結果の音声になります。要するにFX1の位置での音声を抜き取れるという訳ではなく、あくまでTrack間のルーティングを自動設定してくれるだけ、という感じです。


REAPERとSonarworks Reference 4の共存不具合メモ

もうSonarworks SoundID Referenceという新製品が出てしまっていて今更な感じですが、個人的に使っているSonarworks Reference 4 for Headphonesについて備忘録的に情報を残しておきます。


Sonarworks Reference 4 と本記事について

SWRef4

Reference 4は誤解を恐れずにザックリ言うと、スピーカーやヘッドホンの機材特有の音響特性をよりフラットになるような方向に補正してくれるソフトです。これがセットアップされた環境なら、どんな出力機器で鳴らしても同じような聞こえ方になる(のを目指す)感じで、音を作る人がリファレンス環境を構築する一つの選択肢となるようなツールです。

実際に複数のヘッドホンなどで聞き比べると分かりますが、さすがに音声出力機器の物理的な限界は超えられないので全く同じ聞こえ方にはならないですが、よりフラットな特性に近づけようとする結果になっていそうなのは分かりますし、自分が使う程度の範囲では十分満足しています。

今回はREAPERも使う前提でReference 4で筆者がつまずいた点や、対策のメモという感じです。以下は自分の環境だけで起きている可能性が十分にあるので、参考にする場合はそういうものとしてご理解下さい。関係ありそうな使用機材は以下の通り。

  • Windows 10 64bit ver.1909~20H2付近だったはず
  • Steinberg UR222mkII
  • SONY MDR-CD900ST他

基本的なセットアップ方法の詳細は割愛します。Studio Editionはキャリブレーションなどがありますが、Headphone Editionはインストーラーでソフト入れてライセンス認証したらヘッドフォンのプロファイルを選ぶだけです。注意点として思いつくのは購入前にお持ちのヘッドホンが対応しているか調べとくくらいでしょうか。


WASAPIモードとASIOモード

しばらく前のどこかのタイミングで導入されたWASAPIモードとASIOモード、ここから悲劇が始まりました。自分の環境ではある時Reference4をアップデートしたところから、Systemwideが起動できなくなり、いろいろ試しましたが特にREAPERとの併用という点でSystemwideの併用が出来なくなりました。

  • WASAPIモードだととにかくクラッシュするだけ。後述の設定強制削除でASIOモードに切り替えればギリ使える。
  • ASIOモードはYamahaのASIOドライバはすぐクラッシュ、ASIO4ALLだけなんとか動くみたいな状態。REAPERを起動した場合はREAPERがASIOデバイスを認識できなくなる。が、希に認識したりしなかったりという謎挙動。
  • 前のバージョンにダウングレードしようと思ったものの、Headphone Editionはネットワークで最新を取得する以外の方法がなく断念(Studio Editionはバージョンごとのインストーラーがあるが、これを入れようとしてもEdition違いで怒られる)

こんな感じの状態になってしまい、Systemwideを使うのはDAWを使わない時だけみたいな運用がしばらく続いていました。

なので比較的最近まで放置してたのですが、久々に調べ直してみるとどこかの海外フォーラムで「うちはWASAPIモードでREAPERも問題なく使えてるよ」みたいな書き込みを見かけたので、Reference4をアップデートしてWASAPIモードを試したところ、REAPERも含めてすんなり動作してしまいました。ASIOモードは微妙な不安定感のままですが・・・。

  • Reference 4の設定をWASAPIモードに変更(ヘッドホンプロファイルも作り直した気がする)
  • REAPERのメインメニュー[Options>Prefernces]から[Audio>Device]でAudio systemを[WASAPI]に設定
    SWRef4_ReaperPrefWasapi

という感じにしてやると、自分の環境では全く問題がなくなりました。本当に今までの地獄はなんだったのかというくらいスッキリ。


Reference4 Systemwideが起動しない場合の対処方法

Reference4のバージョンが上がった時に、以前の設定情報があるとクラッシュする問題が発生するタイミングがありました。最近のアップデートでは特に問題なさそうですが。

もし久々にReference4をアップデートしてSystemwideが起動しなくなったとかいう場合は、以下のパスのファイルを消すといった方法がこちらで紹介されています。

C:\ユーザー\(自分のユーザー名)\AppData\Local\Sonarworks\Reference 4\Systemwide\Systemwidecfg.db

自分もこの方法でSystemwideが起動出来るようになりました。が、やるならこのへんは自己責任でお願いします。このファイルの周辺にヘッドホンプロファイルやライセンス情報キャッシュなんかもあるので、他のファイルも含めてもろもろザックリ消してしまうみたいなのはやめた方が良いです。


Referecne4 VSTプラグインをREAPERでインサートする場所

REAPERでこのプラグインを挿すのにはうってつけの場所があります。Monitoring FXという、Masterトラックを通った後に音声デバイスへ出力される直前にかかるFXで、ここに挿すとDAWでレンダリングする際には影響がなく、モニターする音声にだけReference4を適用することが可能です。

REAPERのメインメニューから、[View>Monitoring FX]でFXウィンドウが表示されますので、ここにReference 4 VSTプラグインを挿入すればOK。

Reaper_MonitorFX

REAPERのウィンドウ右上をよく見ると[MONITOR FX]というのがあるので、そこをクリックしても同様です。ON/OFF切り替えもすぐにできて便利。

Reaper_MonitorFXButton

REAPERのMonitoring FXにこれを挿入して更にSystemwideがONになっている場合、ぱっと見で二重に音響補正が適用されてしまいそうですが、それぞれON/OFF切り替えして試してみたところDAW側の音に関してはVSTのON/OFFでだけ音質が変化し、Systemwide側のON/OFFでは変化がなかったので、おそらく二重にかかるということはなさそうな感じでした(間違ってたらすみません)。


REAPER基本設定:VSTプラグインパス設定

REAPERでVSTなどのプラグインを使う場合は、プラグインインストール先のパスを必要に応じて設定に追加する必要があります。

以下のものはREAPERのPreferencesに設定があるので、メインメニューの [Options>Preferences...]でPreferencesウィンドウを表示しましょう。


VSTプラグイン検索パス設定

VST検索パスの追加・削除

PrefVST_PluginPath01
[Plug-ins>VST]の[VST plug-in paths]

パスの追加・削除は右側の[Edit...]ボタンから行うのが楽です。[Edit...]ボタンをクリックして、[Add...]でプラグインインストール先のパスを選んで追加します。

PrefVST_EditAdd

[Edit...]ボタンをクリックして[Remove:]以下には既に登録されているパスが並んでいますので、不要なものがあれば選択してやることで削除出来ます。

PrefVST_EditRemove

プラグインの再スキャン

プラグインを新しくインストールしたりインストール先パスを追加したりした場合は、REAPERを再起動するか手動でスキャンを行うことで、REAPERが新しいプラグインを認識します。

PrefVST_Rescan01
  • [Re-scan]ボタン
    プラグインパス内で追加・更新されたプラグインをスキャン。変更されていないものには何もしない。
  • [Clear cache/re-scan]ボタン
    キャッシュされたプラグイン情報を破棄して、プラグインパス内のプラグインを全部スキャンし直す。プラグインがうまく自動認識されなかったりおかしいなと感じたら、これを実行してみると良い。プラグインの数があればあるほどスキャン完了までに時間がかかるので注意。

このブログについて
ぺろりがREAPERで遊びたいというだけのブログかもしれない

必ずこちらをお読みください

twitter: @pelori

管理人用
  • ライブドアブログ