MultiOut

PeloReaper Extensionの情報やダウンロードはこちらからどうぞ。
PeloReaper Extension for REAPER is here.
ReaperBanner01_50p

REAPERでFXマルチアウトTrack自動作成

NIのREAKTORやKONTAKT、UVI Falcon、ドラム系Instrumentなど、プラグインから各種パートの楽器を個別にオーディオ出力できるプラグインが多数あります。また、MXXXなどのようにFXでもマルチアウトが可能なものも存在します。今回はREAPERでこれらのようなマルチアウトを扱えるFX(VST・VSTiなど)の一般的な設定について説明します(プラグイン個別の設定には触れません)。

MultiOut_BM03

また、本記事ではTrack間のAudioルーティング設定およびTrack内部のFXチャンネルルーティング設定が当たり前のように出てきますので、そのあたりをご存じなければ以下の記事などを参考にしてみて下さい。




FXからのマルチアウトTrackの自動作成

REAPERではマルチアウトが可能なプラグインについては、FX一覧で出てくる名前に (XX out) もしくは (XX→YYch) といった表記が出てきます(後者はXXin→YYoutという意味)。

FXMultiOutable

とはいえ、表記がなくても自分でマルチアウト設定可能なプラグインもある(VST3版MXXXなど)ので、上記の表記がなくてもマルチアウト可能な場合があったりします。それらプラグインの仕様はそれぞれのプラグインのマニュアル等を確認して下さい。

マルチアウトTrack自動生成方法

マルチアウト可能なFXについて、その出力を個別のTrackに出力(センド)したい場合、以下の手順で出力先Trackを自動生成出来ます。

  1. マルチアウト出来るFXをTrackに挿入
  2. 挿入したFXをFXChain上で選択し、右クリックから以下のメニューを選択
    Build multichannel routing for output of selected FX...
    MultiOut_BM01
  3. Trackを自動生成する旨の確認ダイアログが表示されるので [はい(Y)]
    MultiOut_BM02
    この時「Could not get channel info for effects (are they multichannel?)」といった表記が出てTrack作成出来ないという場合は、FX出力チャンネル数が2outという状態になっているので、それよりも多くのチャンネルをTrackに持たせて(4ch以上にするなど)やり、FXからも4ch出力が出来る状態がFX Chanel Matrix上で確認できればうまくいくと思います。
  4. あとは個別のFX(プラグイン)のマルチアウト設定が適切であれば、個別のTrackに音声が流れるようになっているはずです。
    MultiOut_PlayBM01
    (※例えば上記の画像の例で出しているUjam Beatmakerだと各楽器の出力を[Individual]にプラグイン上でセットする必要があります)

ちょっと難しめの話(よく分からなければスキップでOK)

ちなみにこのマルチアウト用Track間ルーティングで注意すべきところは、FXChainの個別のFXから直接別のTrackに音声が送信されている訳ではないという点です。あくまでFXが使っているTrack内のチャンネルが別の新規Trackにルーティングされるというだけです。

FXChainで複数のFXを挿入(順にFX1,2とする)しそれらのFXが同じオーディオチャンネルを共有している場合(要するにFXを挿入しただけの状態で、どちらも1/2チャンネルを使っているという場合)を考えてみます。この時、FX1を右クリックして上記操作で別の新規Trackに音声を出力しても、そこに送られるのはFX1→FX2を通った結果の音声になります。要するにFX1の位置での音声を抜き取れるという訳ではなく、あくまでTrack間のルーティングを自動設定してくれるだけ、という感じです。


UVI Falcon:マルチアウト設定

今回はFalconの音声出力をマルチアウトさせる方法を書いておこうと思います。

マルチアウト設定方法

Falconではマルチアウトの設定が出来るのですが、この設定がPart、Layer、Keygroupそれぞれで行うことが出来るようになっています。設定はFalcon左側パネルのLISTタブで行えます。

Partで出力先を指定する場合はPARTに並んでいるパラメータの[Output]を変更すればOK。
FalconMOut_Part01

LayerやKeygroupで出力先を設定する場合は下の方にあるLAYER(S)やKEYGROUP(S)で設定を行います。そこに既に作ったLayerやKeygroupとそのパラメータが並んでいるのですが、このパラメータの列で[output]というものがあります。表示されていない場合は、パラメータ名(nameとかかいてあるところ)の部分を右クリックすると表示パラメータ項目メニューが表示されるので、そこから[output]を選択して表示します。
FalconMOut_DispOutput

あとはLayerやKeygroupの[output]を[Main Out]から[Out 2]などに変更してやれば、音声出力先が変わります。DAW側でInstrumentのマルチアウト設定を行っていれば、それぞれ指定したTrackなどに音声が出力されるはずです。
FalconMOut_OutToDAW


マルチアウト指定時のルーティング

まずマルチアウト設定での[Main Out]についてですが、これに設定されているものはFalconの既定のルーティング(Keygroup>Layer>Program>Mixer>Master)に沿って処理が行われて、メインの出力から音声が出力される流れに乗ります。

[Main Out]以外の[Out 2~17]に出力設定したものは、そこからFalconの外側に音声を出力し、それ以降のFalconの既定の音声処理には流れません。つまりKeygroupで[Out 2]などに設定すると、そのKeygroupの音声はLayer以降には流れないということになります。

でもちょっと裏技というか、TREEタブで表示できるAux1~4に音声を流してやれば、KeygroupなどからFalcon外に音声を出力しつつもProgramに音声を受け渡すことが可能だったりします。まぁそこまでルーティングに凝るシチュエーションがあるかどうか分かりませんが、知っておいて損はないです。
FalconMOut_AuxSend
↑AuxバスでProgramへ音声をSend



なにやらマルチアウト出力を指定できる場所がいくつもありますが、どの階層から出力するのがベストとかいうことはありません。上記のような音声信号の流れを考慮して、どこからFalconの外にマルチアウト設定するのが自分の意図に最も合っているか選択しましょう。


このブログについて
ぺろりがREAPERで遊びたいというだけのブログかもしれない

必ずこちらをお読みください

twitter: @pelori

管理人用
  • ライブドアブログ