REAPER

PeloReaper Extensionの情報やダウンロードはこちらからどうぞ。
PeloReaper Extension for REAPER is here.
ReaperBanner01_50p

REAPERのパッケージマネージャー:ReaPackの使い方

REAPERはスクリプトで機能を拡張出来るのですが、自分で個別にスクリプトを探してダウンロードし、沢山あるスクリプトの適切なファイルをActionに登録まで行うというのは結構な知識を要する工程だったりします。

安心なことに、これを簡単にインストール出来るようにするパッケージマネージャーのReaPackがChristian Fillion氏によって無料で配布されています。今回はこのReaPackについて基本的な使い方を説明します。


ReaPackのインストール方法

ReaPackのダウンロード

↓ ReaPackはこちらで配布されています ( https://reapack.com/ )
ReaPack_DL01

配布先のページ右側に Downloads という項目があって、Windows版やmacOS版などのダウンロードリンクがあります。自分の環境(32/64bit)に合ったものを選びましょう(合っていないと正常に動作しないので注意)。とはいえよほどの理由がない限り64bit版のREAPERを使っていると思いますので、[64-bit] となっているリンクをクリックして、reaper_reapack-x64.dll を任意の場所にダウンロードします。

自分のREAPERが32bit / 64bit のいずれなのか知りたければ、REAPERのメニューから [Help>About REAPER]で出てくるウィンドウ上部に win64 (64bitの場合) などと書かれているかチェックして下さい。

AboutREAPER01

ダウンロードしたファイルの配置

ダウンロードしたファイルの配置場所についてですが、まずREAPERのリソースフォルダを開きましょう。REAPERのメインメニューから [Options>Show REAPER resource path in explorer/finder] を選択すると、WindowsのExplorerでリソースフォルダが開きます。

開いた場所に UserPlugins というフォルダがあるので、そこの中に先ほどダウンロードした reaper_reapack-x64.dll をコピーします。

ReaPack_CopyToUsePlugins

インストール作業はこれで完了です。


REAPERを再起動してインストールされているか確認

ReaPackはREAPERのExtensionという種類の拡張機能で、DLLファイルになっているため、REAPERを再起動することで初めて機能が有効になります

なのでREAPERを起動している場合は一旦終了させ、もう一度起動して下さい。

REAPERを再起動したらメインメニューに [Extensions] という項目が出来ていて、その中に [ReaPack] というメニュー項目があれば、ReaPackがインストール出来ています。

ReaPack_Menu01

ReaPackの使い方

登録済みパッケージリポジトリ一覧の表示

REAPERメインメニューの [Extensions>ReaPack>Manage repositories...] で現在ReaPackに登録してあるリポジトリ一覧を表示出来ます。デフォルトでいくつかのリポジトリは登録済みになっています。

ReaPack_ManageRepo02

一覧に表示されている情報は以下の通りです。

  • Name
    リポジトリの名前です。
  • Index URL
    リポジトリのURLです。ReaPackに登録する際に指定したURLが表示されています。

リポジトリの情報はどこにある?

デフォルトで登録されているリポジトリ以外にも、有志の方々が公開しているリポジトリがあります(筆者が公開しているPeloReaper Extensionもその一つです)。これらについてはスクリプト配布先やReaPack本家サイトなどに情報があります。

まとまった情報としてReaPack本家にリポジトリ一覧がありますので、そこから興味のあるリポジトリを探すのが良いでしょう。

ReaPackの公式ページ上部のリンクからも行けます。

LinkToRPRepoList

リポジトリ一覧のページ
ReaPack_RepoList


使いたいリポジトリの登録

デフォルトで登録されているリポジトリ以外のリポジトリを登録したい場合は、以下の手順で行います。

  1. REAPERメニューから [Extensions>ReaPack>Import repositories...](もしくはManage repositoriesウィンドウ下部のボタン [Import/export...>Import repositories...])
  2. 表示されたウィンドウのテキストボックスにリポジトリのIndex URL(Repository listページの各リポジトリ右側に表示されていたURL)を記入して、[OK]ボタン(URLを1行ずつ複数指定すれば、複数を一度に登録できます)
    ReaPack_ImportRepo01
  3. これでManage repositoriesウィンドウのリポジトリ一覧に追加された状態になります。
    ReaPack_ImportRepo03_2
    最後に [OK] ボタンを押して、リポジトリ登録を完了します。

ダウンロードできるパッケージ(スクリプト)一覧を表示

REAPERのメニューから [Extensions>ReaPack>Browse packages...] でパッケージ一覧(スクリプトやExtensionなどの一覧)が表示されます。

ReaPack_Packages01

インストール済みのパッケージについては、パッケージ名の左側に [ i ] と表示されます。また、インストール済みで最新のアップデートがあるものについては [ u ] と表示されます。最新では削除された項目については [ o ] が表示されます。

ウィンドウ上部にある Filterにキーワードを入れたり、[XXX / YYY packages..]ボタンなどでタイプを選択して一覧に表示される項目を絞り込むことも可能になっています。

ReaPack_PackageFilter01

また、パッケージ名をダブルクリックすると、そのパッケージの更新履歴や詳細情報を見ることが出来ます。

ReaPack_AboutPackage01

使用したいパッケージ(スクリプト)のインストール

インストールしたいパッケージをクリックして選択し、右クリックメニューから [Install vXXX] を選ぶことで、これからインストールするものとしてマークされます([ I ] というマークがパッケージ名の左側に表示されます。この時点ではまだインストールされていません)。

ReaPack_InstallPackage01
↓ Install を選ぶとマークされる
ReaPack_InstallPackage02

インストールしたいものにマークを付けたら、ウィンドウ右下にある [OK] ボタンをクリックすることで、インストールが開始されます。インストールが終了すると、インストールしたパッケージのバージョンや新機能コメントなどが表示されます。

ReaPack_InstallPackage03_2

ここでスクリプトではなくExtensionをインストールした場合は、REAPERを再起動するまで反映されない事を示すメッセージが表示されるので、REAPERを一旦終了して起動し直しましょう。

ReaPack_InstallPackage04

パッケージインストールで追加されたActionを使う

パッケージをインストールしたことでどんなActionが追加されているかについてですが、スクリプトの場合は、Package名ダブルクリックで表示されるウィンドウの [Contents] タブなどでスクリプト名を確認することが出来ます。

ただし、大抵の場合スクリプト名(もしくはAction名)に作者の名前(Author列に表示されているもの)やリポジトリ名などといった分かりやすいプレフィックスなどが付けられているため、Actionを探すのにさほど困ることはないでしょう。

ReaPack_InstallPackage05
↑ ActionListを検索すれば大抵すぐ見つかります

これでインストールしたものがうまく実行できれば、インストール成功ですね。あとはどんどん好きな機能を入れていって、REAPERをより便利にしていきましょう。


インストールしたパッケージの最新版を取得する

パッケージ一覧でインストール済みパッケージの左側に [ u ] と表示されたものについては、より新しいものが公開されています。そのパッケージを右クリックして、[ Update to vXXX ] を選ぶことで、最新版に更新するためのマークを付けます([ u ] → [ uI ] に変化します)。

ReaPack_UpdatePackage01
↓ 更新をインストールするためマークする
ReaPack_UpdatePackage02

あとはウィンドウ右下の [OK] ボタンで最新版がインストールされます。

また、REAPERのメニューから [Extensions>ReaPack>Synchronize packages] を実行することで、一括で全てを最新版にすることも出来ます。

ただし全てを一気に更新した時、最新版で削除されているパッケージがある場合、ウィンドウが表示されてそれらをアンインストールするか何もしない([Ignore]ボタン)かを聞いてきます。そのままスクリプトを残しておいても、実際にきちんと動作するかはわかりません(スクリプトによる)。

古いスクリプトがなくなっても、大抵は古いスクリプトが新しい名前のものに置き換わったりしているので、従来使っていたものと似たものを探せば見つかることもあります(もちろん完全に廃止されてしまっている場合もある)。どうせ新機能に移行せざるを得ないので、頑張って探しましょう。

ちなみに古いパッケージがなくなるケースは意外とよくあります。特に活発に開発されているリポジトリではスクリプトの構成が大きく変わったり統廃合が進んだりします。どんどん進化していくのはありがたいのですが、使う側からするとショートカットに設定したものが正常に動作しなくなってしまったりと、時折問題を引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。


パッケージをアンインストールしたい場合

パッケージ一覧でインストールされた項目を右クリックし、[Uninstall] を選んでアンインストール項目としてマークします([ R ] というマークが付きます)。

ReaPack_UninstallPackage01

あとはウィンドウ右下の [OK] ボタンをクリックすると、実際にアンインストールされます。


ReaPackのアンインストール

ReaPack自体のアンインストールは簡単で、REAPERを終了した後、最初にインストールした reaper_reapack-x64.dll を消してしまえば完了です。

ただし、これだけではReaPackでインストールしたパッケージ(スクリプトやExtensionなど)が残ってしまいます。それらも不要であれば、ReaPackで先に全てのパッケージをアンインストールしてから、reaper_reapack-x64.dll を削除するようにしましょう。


REAPERでFXマルチアウトTrack自動作成

NIのREAKTORやKONTAKT、UVI Falcon、ドラム系Instrumentなど、プラグインから各種パートの楽器を個別にオーディオ出力できるプラグインが多数あります。また、MXXXなどのようにFXでもマルチアウトが可能なものも存在します。今回はREAPERでこれらのようなマルチアウトを扱えるFX(VST・VSTiなど)の一般的な設定について説明します(プラグイン個別の設定には触れません)。

MultiOut_BM03

また、本記事ではTrack間のAudioルーティング設定およびTrack内部のFXチャンネルルーティング設定が当たり前のように出てきますので、そのあたりをご存じなければ以下の記事などを参考にしてみて下さい。




FXからのマルチアウトTrackの自動作成

REAPERではマルチアウトが可能なプラグインについては、FX一覧で出てくる名前に (XX out) もしくは (XX→YYch) といった表記が出てきます(後者はXXin→YYoutという意味)。

FXMultiOutable

とはいえ、表記がなくても自分でマルチアウト設定可能なプラグインもある(VST3版MXXXなど)ので、上記の表記がなくてもマルチアウト可能な場合があったりします。それらプラグインの仕様はそれぞれのプラグインのマニュアル等を確認して下さい。

マルチアウトTrack自動生成方法

マルチアウト可能なFXについて、その出力を個別のTrackに出力(センド)したい場合、以下の手順で出力先Trackを自動生成出来ます。

  1. マルチアウト出来るFXをTrackに挿入
  2. 挿入したFXをFXChain上で選択し、右クリックから以下のメニューを選択
    Build multichannel routing for output of selected FX...
    MultiOut_BM01
  3. Trackを自動生成する旨の確認ダイアログが表示されるので [はい(Y)]
    MultiOut_BM02
    この時「Could not get channel info for effects (are they multichannel?)」といった表記が出てTrack作成出来ないという場合は、FX出力チャンネル数が2outという状態になっているので、それよりも多くのチャンネルをTrackに持たせて(4ch以上にするなど)やり、FXからも4ch出力が出来る状態がFX Chanel Matrix上で確認できればうまくいくと思います。
  4. あとは個別のFX(プラグイン)のマルチアウト設定が適切であれば、個別のTrackに音声が流れるようになっているはずです。
    MultiOut_PlayBM01
    (※例えば上記の画像の例で出しているUjam Beatmakerだと各楽器の出力を[Individual]にプラグイン上でセットする必要があります)

ちょっと難しめの話(よく分からなければスキップでOK)

ちなみにこのマルチアウト用Track間ルーティングで注意すべきところは、FXChainの個別のFXから直接別のTrackに音声が送信されている訳ではないという点です。あくまでFXが使っているTrack内のチャンネルが別の新規Trackにルーティングされるというだけです。

FXChainで複数のFXを挿入(順にFX1,2とする)しそれらのFXが同じオーディオチャンネルを共有している場合(要するにFXを挿入しただけの状態で、どちらも1/2チャンネルを使っているという場合)を考えてみます。この時、FX1を右クリックして上記操作で別の新規Trackに音声を出力しても、そこに送られるのはFX1→FX2を通った結果の音声になります。要するにFX1の位置での音声を抜き取れるという訳ではなく、あくまでTrack間のルーティングを自動設定してくれるだけ、という感じです。


REAPERのTrack間ルーティングとサイドチェインの基本 (3)

前回はReaCompのような「プラグインの中にサイドチェイン機能が搭載されているもの」について扱いましたが、REAPERではサイドチェイン機能を持たないプラグインのパラメータもサイドチェインで動かす方法があります。Parameter modulationという機能ですが、今回はこれを使ってみましょう。


Parameter modulationを使ったサイドチェイン設定

Parameter modulationはVSTプラグインなどのFXのパラメータをモジュレート(時間経過とともに動かす)する機能ですが、どのように動かすかを決めるモジュレーションソースを以下のものから選べます。

  • Audio control signal (sidechain)
    音声信号の強さを元に動かす(いわゆるEnvelope Follower)
  • LFO
    LFOで動かす
  • Link from MIDI or FX parameter
    MIDIメッセージに追従させたり、他のFXパラメータにリンクさせて同時に動かす

今回は [Audio control signal (sidechain)]のみを扱います。サイドチェインの設定はざっくり以下の流れになります。

  1. 前回と同様にTrack A, Bを作り、B(1/2ch)→A(3/4ch)という感じでルーティング(前回を参照
  2. Track AにFXを挿入して、動かしたいパラメータをマウスでクリックして触る
  3. そのFXの画面上部にある [Param] ボタンをクリックして [Param>Parameter modulation/MIDI link] を選ぶ(Parameter modulation設定ウィンドウが表示される)。
  4. ウィンドウ上部の [Enable parameter modulation.~] のチェックがONになっているのを確認
  5. [Audio control signal (sidechain)] にチェックを入れ、[Track audio channel] を [3+4] に設定。
  6. あとは音声に対してどう反応するかを設定すれば完了。

では順にやっていきましょう。


Track A, Bの作成とルーティング

前回と同様に作成するだけなので、手順は省略。下の画像ではTrack A, Bにてきとーにサンプルを貼ってあります。

TrackAB02

Track AにFXを挿入してParameter modulationの割り当て

FXはReaEQとかでも何でもよいのですが、後での比較のため今回もReaCompを挿してみます。ここではReaCompでのコンプレッションは行わず(全てデフォルトのまま)、ReaCompからの出力であるWet音量を動かすだけにしてみます。

手順は以下の通り

  1. Wetのスライダーノブをクリック(さわる)
  2. FX画面上部の[Param] をクリックして [Param>Parameter modulation/MIDI link] を選ぶ
AssignParamMod01

これで直前に触ったパラメータに対してParameter modulationを設定するウィンドウが表示されます。
ParamModWindow


パラメータを動かすための設定

以下の手順で設定します。

  1. [Audio control signal (sidechain)] にチェックを入れる
  2. [Track audio signal] を [3+4] にして3/4チャンネルの音声信号を使うようにする
  3. 各種パラメータを好みの動きになるように設定してパラメータを動かす
ParamMod01

各種項目の意味は以下の通りです。

  • [Enable parameter modulation]直下にあるスライダー
    パラメータの基準位置
  • Input
    入力されてきている音声信号の音圧
  • Attack, Release
    Inputに対してどの程度速く反応(追従)するか
  • Min/Max volume
    音声入力の強さをパラメータの動く量にマッピングするダイナミックレンジを決める値
  • Strength
    パラメータを動かす量をスケーリングして弱めることが出来る
  • Direction
    パラメータを動かす方向(Negativeなら下げる方向に動かす)
  • Audio control signal shaping (右側のグラフ)
    パラメータを動かす量の感度調節用で、赤い丸を動かして調整する。
ParamModSC01
↑ 再生して動いてる様子(左側のWetが動かされている)

以上で設定方法については完了です。ここでは試しに以下のようなTrackを作ってサイドチェインの処理を行った結果を2つレンダリングしてみました。どちらもTrack Bの信号をサイドチェイン入力として使い、ReaCompで圧縮した[Comp]トラック、Parameter modulationで音量を下げた[Param mod]トラックが結果をレンダリングしたものです。どちらも反応速度(Attack)は最速(0)にして音量を下げるような設定をしているだけ。

RenderSCResult01

Parameter modulationで変化させた方は何故かサイドチェインの音声が入って来る少し前から音量の減少が始まっているのが謎ですが、レンダリング時に先読みとかして早めに反応しちゃったりするんですかね?


このブログについて
ぺろりがREAPERで遊びたいというだけのブログかもしれない

必ずこちらをお読みください

twitter: @pelori

管理人用
  • ライブドアブログ