2020/07

PeloReaper Extensionの情報やダウンロードはこちらからどうぞ。
PeloReaper Extension for REAPER is here.
ReaperBanner01_50p

REAPER基本設定:プロジェクトのデフォルト設定

REAPERで新しいプロジェクトを作成するとデフォルトのプロジェクト設定が読み込まれますが、プロジェクトを作るたびに設定し直したりしていないでしょうか?
毎回設定するのも面倒なので、好みの設定にしてデフォルトとして保存しておくと楽になります。


プロジェクトデフォルト設定の変更

プロジェクトデフォルト設定を変更して保存する手順は以下の通り。

  1. まずはきれいな状態で始めるため、全てのプロジェクトを閉じて初期状態にします。REAPERのメインメニューから[File>Close all projects]で全てのプロジェクトを閉じます。
    CloseAllProjs
    これで現在のプロジェクトデフォルト設定が読み込まれた状態なので、ここから好みの設定に変えていきます(オススメの設定項目などは後述)。
  2. メインのToolbarにある[Project settings...]ボタンをクリック(もしくは[Alt + Enterキー])して、Project Settingsウィンドウを表示。
    ProjSettingsBtn01
  3. もろもろ設定を好みのものに変更。
  4. Project Settingsウィンドウ右下の [Save as default project settings] ボタンをクリックして、プロジェクトデフォルト設定を保存して完了。
    ProjSettingSaveDef01

案外ここで見落としがちなのですが、実はProject Settingsウィンドウの設定以外にも記録される設定があります。どの程度の範囲のものが記録されているか全部は確認できていませんが、例えばメインのToolbarにあるSnapやGrid設定のON/OFF状態なども保存されているようです。

ProjSettingSaveDef02

ほぼ必須の設定項目

以下では設定を変えておくとよさそうなものについて書いておきます。

メディアファイル保存パス

ProjSettings01_MediaDir
[Media]タブ > [Path to save media files]

プロジェクト内で使われるwavファイルなどのメディアファイルがコピーされる場所(録音やGlueなどで作られるファイルなども軒並みここに置かれることになります)を指定できます。デフォルトだと何も記述されていなくて、プロジェクトファイルと同じ場所に全部置かれて散らかることになるので、フォルダ名を指定しておきましょう。

相対パスで指定しておけば、プロジェクトファイルの場所からの相対でフォルダが自動的に作成されるようになるので便利です。

MediaFilesDir01
↑ Media保存用のフォルダがプロジェクトファイルの場所に自動作成される

メディアファイルインポート時にコピーするか

ProjMediaImportSettings01

.wavファイルなどのメディアをプロジェクトにインポートした時に、プロジェクトのローカル(前述のメディアフォルダ)にファイルをコピーしてそこを参照するようにするかどうかを選べます。

これはプロジェクトファイル毎に設定してもよいのですが、グローバル設定であるPreferences側に設定をしてそれに準拠させるようにデフォルトのまま(Use global preference (copy media to project path))にしておきます。

REAPERのメインメニュー [Options > Preferences...] からPreferencesウィンドウを表示し、 [Media]ページで [Copy imported media to project media directory] でコピーするかどうかを設定します。

PrefMediaCopyMedia01

チェックしておくとよさそうな設定

必須ではないけど知っておいて損はなさそうなもの。

録音用の予備出力先パス

ProjSettings02_2ndRec
[Media]タブ > [Secondary recording path]

REAPERでは録音時のファイル出力先を、メイン(primary)、予備(secondary)、その両方、から選ぶことが出来ます(この指定はトラックの録音アームを右クリック>[Track recording settings...]で行える)。

ここではこの予備(secondary)のパスを指定します。ただし、絶対パスのみ有効なようなので注意。

恐らくですが、メインで録音していたファイルやそのドライブに異常(容量使い果たしなども?)が起きた時にも、別のドライブに予備で録音しておけば安心という感じのものでしょうか。音声収録などガッツリと録音作業をするような人は、予備の録音ドライブを用意してそこにも同時に書き出しておくといったことをしてもよいかもしれません。


録音時のファイルフォーマット指定

ProjSettings03_Rec
[Media]タブ > [Recording]

録音時の音声ファイル形式を設定しておくことができます。レンダリング時のフォーマット指定方法とほぼ同じなので、ここではフォーマットそのものについて細かく説明しませんが、WAVの設定は意外と興味深い点があるので補足しておきます。

  • Write BWF('bext') chunk + Include project filename in BWF data
    これらはwavファイルに現在のプロジェクトのファイルパスを入れておいてくれるというもの。後でどのプロジェクトファイル使用時に録音されたかが分かります。
  • MarkerやRegionの情報を含むかの指定
    これを例えば [Markers + regions]に指定してやると、録音時に録音カーソルが既存のMarker/Regionをまたぐと、そこにMarker/Regionの情報(厳密にはMediaCue情報)も入れてくれるというものです。レンダリングの時は普通に使っていましたが、録音時にもこの情報を入れられるというのはちょっと盲点でした。やりようによっては後からでもプロジェクト上の正確な位置関係が分かるようになるので、何かに使えるかも。
    RecMarkerRegion01
    ↑ 録音した直後。Marker/RegionのMediaCueが埋め込まれていることが分かる

他にもやっておいた方がいい設定を思いついたりしたら追記していこうと思います。


REAPERの記事まとめ(随時更新)

初稿:2020/07/28 - 最終更新:2021/06/06

reaper01

REAPER関連で書いた記事がそれなりに増えてきたので、情報を探しやすくするための総合ページを作ってみました。必要に応じて逆引きリンクとか追加していってもいいかも。


REAPERのインストール~初期設定など

インストール

オーディオデバイス関連設定

MIDIデバイス関連設定

環境設定もろもろ


ショートカット・Menu/Toolbarなどのカスタマイズ


FX(VST・JSFX)

FX全般

ReaSamplOmatic5000 (RS5K)

REAPER標準のSamplerであるReaSamplOmatic5000、軽くて超便利!


MIDI打ち込み・作曲支援


サンプル管理~便利なユーティリティ

Media Explorer

wavやMP3などの音源ファイル管理やプレビューならMedia Explorer

Batch Item/File Converter


動画編集~書き出し(レンダリング)

REAPERで動画を扱う基本や、VideoProcessorを使い倒す系シリーズ


サードパーティー製のScript・Extension

Reapack

REAPERを拡張するScriptやExtensionのパッケージマネージャー

SWS Extension

他のScriptなどからも参照される、もはやREAPER必須Extensionと化したSWS

その他の便利な拡張機能

いろいろある(雑)


PeloReaper Extension

本ブログ管理人であるぺろりが自分用に作っているREAPER Extension。


他のオーディオソフトウェアとの連携など


[上級編] コマンドラインなどのユーティリティ

一般的なオーディオ制作では使われない機能、主にエンジニア向け。

REAPER Command Line


[上級編] ReaScript~REAPER Extension実装方法

このへんはプログラミングスキル必須エリア。REAPERでDAWの限界を超えたいあなたへ。

ReaScript

REAPER Extension


Meldaプラグイン入門:MDrummer Packsのインストール方法

Melda Productionの超高機能ドラムマシンMDrummerはご存じでしょうか。

このMDrummer、プラグインと別に音源などの専用データが「MDrummer Packs」として公式から配布されており、これらのデータをインストールする必要があります。

ちなみにMSoundFactoryやMXXXにもMDrummerモジュールが搭載されているのですが、MDrummer用のデータセットであるMDrummer Packsのインストールが必要なのは同じです。先日紹介したMSoundFactoryでも使うことになるのでここでデータのインストール方法を紹介しておきます。

  1. MDrummer Packsのダウンロード
  2. MDrummer Packsのインストール
  3. インストールしたデータを鳴らしてみる

MDrummerなどMeldaプラグインのインストールからという方はまずこちらのページをご覧下さい。


MDrummer Packsのダウンロード

MDrummer Packsは以下のリンクのページからダウンロードしましょう。

MDrummerPacks Download
↑ 青いDownloadボタンでダウンロード
(選択肢が出ますがどちらでもOK。急ぐなら試してみて高速に落とせる方で良いかと)

Packは以下の3つがありますが、全部ダウンロードしましょう。

  • MDrummer Essentials
  • Studio 2008-2018
  • MDrummer Electronic Genres

※全部で容量が20GBを超える大容量なので注意。これらはインストール用の元データなので、最終的にインストール時に目的のフォルダに内容がコピーされる事を考えると、一時的にですが元データ+インストールデータで45GBくらいは空きが必要になるかと思います(インストール後はインストール用Packデータ破棄可能)。

全部ダウンロードすると以下のような感じになります。後でこれらがあるフォルダを指定することになりますので、1つのフォルダを作ってまとめて置いておくのがよいでしょう。

MDrummerPacks_Files01

MDrummer Packsのインストール

データインストール先の準備

MDrummer Packsは後述のインストール作業によって、あるフォルダに全てコピーされることになります。この時細かいフォルダやファイルが沢山作られるので、これらをまとめて入れておくフォルダをあらかじめ作っておくのがよいでしょう。

このインストール先フォルダはどこでもよいのですが、自分の場合は例えば「C:\ProgramData\MeldaProduction」の中に「MDrummer_Packs」というフォルダを作っています。

気を付けるべき点としては、以下のようなことでしょうか。

  • 日本語を含むパスは使わない(Meldaだけでなく海外製プラグイン全般)
  • データ読み込みの事を考えると、SSDなど高速なデバイス上のパスがオススメ

Packデータのインストール

データのインストールはDAWでMDrummerを起動するか、MSoundFactoryなどの右上にある[Menu]から[Install MDrummer pack]を選択します。MDrummer Packを何もインストールしていない状態であれば、以下のようなダイアログが表示されます。

MDrummer Data Installationダイアログ

このダイアログは結構クセがあり、このダイアログ外をクリックするとダイアログが消えてしまうので注意しましょう。消えてしまったらもう一度[Menu>Install MDrummer pack]やプラグイン挿し直しでダイアログを表示する事になります。

MDrummer Pack Install - Step1

STEP 1 についてはMDrummer PacksをダウンロードするページをWebブラウザで表示してくれるだけなので、(前述の手順にて既にダウンロードを完了していれば)スキップして問題ありません。あとこのボタンをクリックしただけでもダイアログが消えるので困ったもんです。

MDrummer Pack Install - Step2

STEP 2 が本題のMDrummer Packsのインストールになります。ここでPackファイルを集めておいたフォルダとインストール先フォルダのフルパスを指定します。

  • Where are the downloaded MDrummerPack files
    MDrummer Packsをダウンロードしてまとめておいたフォルダを指定
  • Where to install the packs - MDrummer factory data folder
    インストール先として先ほど作っておいたフォルダを指定
MDrummer Pack Install - Step 2

くどいようですが、このダイアログ以外をクリックするとダイアログが消えるので、WindowsのExplorerのパスをコピペしようとせず、右側にある虫メガネボタンを押して、フォルダ選択ダイアログで場所を指定するようにしましょう。

MDrummer Pack Install - Step 2

上記2つのパスが指定出来たら、このSTEP 2のボタン(説明が書いてある場所全体がボタンになっている)を押すことで、インストールが始まります。

MDrummer Pack Install - Step 2

インストール中にウィンドウの応答がなくなったりする場合がありますが、焦ってウィンドウを強制的に閉じたりせず、とにかく放置しておきましょう。20GBのデータをまるまるインストールしているため、結構な時間がかかります。

MDrummer Pack Install - Step2 (終了)

そしてインストールが終わるとその旨のウィンドウが出ます。インストール作業はこれで完了です。


後からMDrummer Packを追加でインストールしたい場合

最初はMDrummer EssentialsのPackだけ入れておいて後から他のPackをインストールしたい場合や、Meldaから今後新しいPackがリリースされた場合など、後からPackを追加インストールする時は、MDrummerなどの右上のメニューから[Menu>Install MDrummer pack]を選択すればOKです。

MDrummer Packを追加

Packファイルを選択するダイアログが表示されますので、追加したいPackファイルを選択して[OK]ボタンでインストールされます。


MDrummer Data Installationダイアログについて補足

MDrummer Packsをインストールするダイアログ下方の残りのボタンの機能は以下の通り。

MDInstDlg_Other01
  • 緑色のボタン(Just let me select the folder, it's already installed)
    すでにSTEP 2まで終えているインストール先フォルダを指定するという場合に使用。インストール先フォルダを別の場所に移動したりする場合に使う機能です。
  • 赤色のボタン(Close the installation wizard)
    このウィンドウを閉じるボタンです。

インストールしたデータを鳴らしてみる

せっかくインストールしたので、音が鳴るか確認だけでもしておきましょう。

MDrummer キットの読み込み

インストールが正常に完了すると、MDrummer左下のツリービューやリストに項目が並びます。これらはドラムキットの選択になるので、てきとーに選択してみましょう。例えば一番左のツリービューで[Electronic - Dance]をクリック、その右側のリストで[Club 01]をダブルクリックすると、そのドラムキットが読み込まれます。

MDrummer Pad Mode

MDrummer右側の[RHYTHMS]パネルにある[Drum pad mode]をクリックして有効化すると、ドラムキットの楽器一覧が表示されて、それぞれの絵が描かれているボタンをクリックすることで発音することが可能です。ボタン内のクリックする位置が発音Velocityに対応しており、ボタン内の右の方をクリックすると大きいVelocityで鳴らすことが出来ます。

MDrummer Pad Mode

無事音は鳴りましたか? ここまで完了すればMDrummerはもとより、MSoundFactoryやMXXXに含まれるMDrummerモジュールも使えるようになります(それぞれのプラグインで個別にセットアップする必要はありません)。

今回はMDrummerそのものの使い方には触れませんが、非常に素晴らしいプラグインなのでそのうち別の記事を書こうと思います。



Meldaのプラグインを安く購入するためのまとめはこちら

このブログについて
ぺろりがREAPERで遊びたいというだけのブログかもしれない

必ずこちらをお読みください

twitter: @pelori

管理人用
  • ライブドアブログ